2017年09月05日

映画『MOTHER FUCKER』

いやぁ〜〜〜。元気が出た。元気が出る映画。これに尽きる。
HP35ぐらいで映画館に入って、出るときHPが350くらいになってた。
元気になりすぎて「あれ? 私こんな声デカかったっけ?」と思ったほどだ。
それってなんでだろう?って考えてみる。

私は現在35歳で、20代の10年間でだいたい50冊くらいのフリーペーパーを発行し、100回くらいイベントを企画して、酒飲んでゲラゲラ笑いながら「楽しー!楽しー!みんな大好きー!きゃー!きゃー!きゃー!」それのみを両手に抱えて突っ走った。私の中にはそれ以外なんもなかったけど、めちゃくちゃ大好きな人たちが私の周りにたくさん居てくれたおかげで私は誰よりも幸せだった。

20代が終わる日に現在の夫と交際歴0日で婚約をして、2ヶ月後のエイプリルフールに籍を入れた。完全に勢いと面白みしか考えてなかった。「チョー面白くない? ゲラゲラゲラ」で運命の人と結婚したと今も思っている。漫画のような人生がいいと常々思う。まあ若さゆえ少なからず人生をナメてたとも思うが、今年の春で結婚生活が丸5年になったことでナメてた分はペイしたと思う。ちょっと話が逸れたけども。その結婚してからの5年のうち4年間はガールズバンドのマネージャーをやって日本中をグルグル旅してたくさんの人と出会った。マネージャーを辞めてから最後のつもりでフリーペーパーを1冊発行し、ライブハウスで働き始めて半年 ← 今ここ。

正直に言おう。30代の私は今のところ相当モンモンモンモンしている。かなり雑な表現になるが、誤解を恐れず言うなら「幸せじゃない気分」が続いている。悲しいことに20歳代の自分を羨むときもあった。いやあこれは凄く恥ずかしい話だ。お恥ずかしいし、しょーもない。ホントね。さーせん。で、映画『MOTHER FUCKER』を観ているときに「はっ!」と気がついた。あれが原因か!と。その原因は挫折だ。マネージャー業をやっているとき、私が全力で投げた魂むき出しのボール150個のうち100個以上は見事にシカトされた。最初は目で追うくらいの反応があったが、最終的に私の姿も見えてないくらいの見事なシカトっぷりだった。いや、これは物理的な話ではなく精神的な話なわけで、そこに悪意があるわけじゃないのも頭では理解できる。しかし。伝わらない。繋がらない。雲を掴むような虚しさばかりが目に付いた。最後の最後まで納得いかなかった。今もその気持ちは変わってない。トラウマのように自分の中でドッシリと鎮座している。しかし、その挫折を自分や他人のせいにするのを今日で止めようと思う。ベストを尽くしたことに変わりはない。鎮座している事実を受け入れ、前を向くことにする。「アンタちょっと映画の話はいつ出てくるのよ?」と思われそうなんだけど、ちゃんと関係あるので、もうちょっと待ってほしい。

私は「全裸で野原を全力疾走しているような人が好きだ」ということを日常で頻繁にクチにする。自分もそうありたいと思う。もちろんコレは比喩だ。自分の感情を偽らず、他人の感情をなるべくダイレクトに皮膚で感じながら、かすり傷をつくりつつ疾走する爽快な人でありたいし、欲を言えばなるべく走りながら笑っていたい。そして、ワガママを言えばそういう人とだけ付き合いたい。自分の感情にも他人の感情にもいちいち誠実でありたい。だから鎧でガチガチにガードした人と全裸の私が向き合って話す話題は何もない。自分の感情も他人の感情も見て見ぬふりをして、何も起きてないと言い聞かせながら日々をやり過ごし、問題が風化するのを待つ人と私は関わりたくない。

ここからが、このブログで1番大切な部分です!!!

映画『MOTHER FUCKER』は日々であり、生活であり、人生であり、人間だ。そして、私たちにとってライブハウスは、音楽は、バンドは、日々であり、生活であり、人生だ。この映画には私の大好きな全裸で野原を全力疾走しているタイプの人ばかり出てくる。超絶カッコイイ。その代表格が谷口家に人々であり、その様を観ているとあまりの全裸さに服を着ていることを恥だと感じてくる。服を着てて大変申しわけありませんでした!という気分になる。谷口家の人々に直接関わった人たちが、ことごとくそういう気分になったとすると、レスザン村の村人全員が全裸で野原を全力疾走する祭りが開催されることになる。それぞれの走り方とそれぞれのペースで可能な限りなく自由に……と、ここまで書いて「はっ!」と思った。ちょっとこれを観てよ!



まあ、あの物理的な服は着てるけど、これが「レスザン村の村人全員が全裸で野原を全力疾走する祭り」の具現化じゃないでしょうか。私は勝手に納得した。

「服を着てて大変申しわけありませんでした!」の瞬間が伝わっている瞬間だと思う。大切なのは言葉じゃない。そして、家族というとても密接な人間関係の中では言葉が重要になる瞬間があり、言葉を使うことで伝わりにくくなる事柄もあるということも表現されていて、そのもっと深いところに絶対的な信頼があるから、谷口家の人たちはとても幸せに見えるし、笑っているんだって思うと、家族が笑っているだけで感動できる。

そして、この映画の中にはいくつもの正解が出てくる。正解は1つじゃないっていう場面が何度も出てくる。それぞれの走り方とそれぞれのペースで可能な限りなく自由に。青が正解だからと言って赤が不正解なわけじゃない。緑だって黄色だってフェイクでなければ正解だ。それを圧倒的なパワーとリズム感と音楽で1時間半のダイジェストのように見せてくれる。

私が映画を観たあと凄まじく元気が出た理由は、谷口家の人々に「お前は大丈夫だ!いけ!ドーーン!」と背中を押してもらったような気持ちになったからだ。挫折によって失っていた自信を取り戻すための光をくれた。だって、私とは違うパワフル超人だと思っていたユカリさんも、私と同じように悩んだり葛藤したりしながら1歩ずつ前に進んでいる。私は女性なのでホント共感しかなかった。最後に映画館の前で監督さんにお会いした。とくに女性や若い人に観てほしいと言ってた。私も同じように思う。少しでも興味を持ったらオジサンであっても絶対に観に行ってほしいよ。東京は8日までなので、今日を含めあと4日しかないです!ちょっと無理してでも観て!マジで最高だから!
http://mf-p.net

言い訳なんかいくらでもできるけど、言い訳を探すヒマがあったら面白い事をやるために何かを考える時間にした方がきっといい。でも、面白いことは自分の中にしかない。だから、自分と真摯に向き合う時間も、立ち止まって振り返る時間もとても大切。そんでもって言い訳ばっかりしていたい気分のときだってある。気分は何より大切。面白いことを考える気分になれなくてモヤモヤしてる人は映画『MOTHER FUCKER』を観たら1発だって思う。
【映画の最新記事】
posted by TONG at 16:26| Comment(0) | 映画

2017年04月14日

いつかはクラウン93

ROZWELLSフライヤー.jpg EVENTフライヤー.jpg

あーーーー。楽しかった!!!!!
あーーーー。楽しかった!!!!!
あーーーー。楽しかった!!!!!
先週末が終わってから日々の節々でこれを言ってる。最高だったなあぁぁぁ〜。こういう夜のために生きてんだよな〜。あーーー。楽しかったっっっ!!!!! 本当はね。告知も兼ねてイベント開催前にブログを書き上げたかったんだけど、ずっと何をどう書こうかと書いては消し書いては消ししている間に当日になってしまったの。ちょっと気持ちが前のめりで初デートの前みたいにずっとソワソワしてたし、それぞれに思い出も思い入れも山ほどありすぎて何から説明すりゃあいいのか整理できなかったの。

いつかはクラウン 93
〜I HATE ROCK’N’ROLL〜

2017.4.8(sat)
下北沢BASEMENTBAR

OPEN&START 18:00 前売 ¥2,000-
■BAND■
ROZWELLS(山口)
SO-CHO PISTONS(広島)
THE KNOCKERS(札幌)
THE HAVENOT’S(横浜)
RANGSTEEN
THE LET’S GO’s
■DJ■
ROCK’N’ROLL MAGIC(新潟)


このパンク&ロックンロール全国大会のようなイベントが開催されたことの発端は去年の8月末。THE KNOCKERS(from札幌)の特集号として、私は最後のチェリータイムスを作ろうと思い立ち、取材のため北海道に一週間ほど滞在していた最終日の夜。札幌カウンターアクションでノッカーズ企画「ガキをバットでぶん殴れ」a.k.a ガキバットがあった。その打ち上げでノッカーズと早朝ピストンズ(from広島)のメンバーと呑んでいて、札幌と広島の中間の東京でも何かやりたいね〜!みたいな話になっていた。打ち上げでよくある「何かやろう」の話だ。
ここ数年の流れもあり誘いたいバンドの名前が当然のように次々あがっていた。そのときすでに私は下北沢BASEMENTBARで働くことが決まっていたのだけど「いつから」「何を」などハコでやることの詳細は未定。ハコでの経験も皆無。しかし、やるなら会場はベースメントバーで!と口をついて出た。絶対に何が何でも関わりたかった。何ができるんだろう?という不安よりも、やりたい!って気持ちが圧倒的に勝っていた。ワン・ツー・スリーのツーで飛び出して、あとのことはあとで考えるタイプです…。その結果ちょっとモタモタした部分もありましたがここでは謝らないです。次があるので見ててほしい。

話は戻って。この札幌での打ち上げの二次会で一杯目の日本酒を飲んでいたら千歳空港に向かうバスの時間になったので、そのバスの中から打ち上げで名前が上がっていたバンドに来年の4月にイベントやることになったのでよろしくお願いします!みたいな内容の連絡をしたと記憶している。その後、全てのバンドが二つ返事でオッケイを出した。あとから聞いた話だと、それまでにもそれぞれのバンドがそれぞれの場所で会った時「こういうのやりたいね」という話をやんわりしていたらしい。それからイベントのタイトルをROZWELLS(from山口)の冠企画「いつかはクラウン」にしようとノッカーズのあっちゃんから発案があり。ROZWELLSの主犯カクヨウジ a.k.a カクさんには事後報告。その後ノッカーズがツアーで福岡に行ったとき2人が会って話していて、新しく名前が上がったバンドにカクさんがオファーをした。このときに全てのバンドが決まった。私は新潟に行くたびに毎回お世話になりまくっていた最高すぎるDJロックンロールマジックをどうしても呼びたくて打診しオッケイをもらった。打ち上げでよくある「何かやろう」はそれほど頻繁には現実にならない。しかし、これが「何かやろう」が現実になった瞬間である。

というように。
今回のイベントは誰か1人がやりたいことがあって取りまとめ進めたわけではなく自然発生的に開催が決まり、最初から決まっていたかのように出演者が次々に決まっていき、テレパシーのように気持ちが1になって、あの奇跡のような光景を見ることが出来たのだ。でもこれは奇跡なんかじゃ全然ない。きちんと1つ1つに意味があったことの証。誰が欠けても完成しなかった最高の夜。あの場所に居なくてこのブログだけの読んでる人は大げさに感じるかもしれない。だけど、あの場所に居た人には言わずもがな伝わってると思う。全員が首謀者。そしてハコの人間としてあの場所にいて必要不可欠な首謀者の1人はお客さんだと改めて思いました。たくさんの人が遊びに来てくれて、楽しんでくれたので大成功しました!本当に心から感謝しています!また来てね!

そして最後にコレだけは言いたい。
私はオジサンのバンドが好きなわけじゃない。
心が震えて体温が2、3度あがる。
そういうバンドとDJを集めた結果。結果!
なぜかオジサンだらけになってしまったのですっ!
※レッツゴーズはオジサンではなく女性です。

5月13日(土)のSET YOU FREEの千葉さんのイベントにノッカーズとピストンズと共に私もDJで呼んでもらいました〜!まさかのギロッポン!やー!少し緊張してます。まだまだ続くぜ〜!遊びましょ〜!
17191438_1066131133492236_765459622293317475_n.jpg
posted by TONG at 21:46| Comment(0) | BASEMENTBAR

2017年03月23日

Cavern Stomp! vol.4

2017年3月25日(土)
下北沢BASEMENTBAR

OPEN&START 18:00
前¥2,000/当¥2,500(+1D)

大丸1 BAND 大丸1
STOMPIN' RIFFRAFFS
Magic, Drums & Love 
THE MINNESOTA VOODOO MEN
CHILDISH TONES
Secret Carnival Workers
MEGA MUNCH OYSTERS

(from New Orleans)
大丸2 DJ 大丸2
ATSUSHI
(Attractions / Crazee Gold Mine)
MR.DEATH(BACK FROM THE GRAVE)
ゴハン1 FOOD きらきら
三軒茶屋 クジラ荘(ホットドッグ)


さて。今回は私の秘蔵っ子(と思っている)ナオちゃんを紹介したいと思う。下の写真の右側に立ってピースをしながら目を光らせている女の子がナオちゃんである。
キラーン!
IMG_2501.JPG
よく見たらなんというかわいい柄のセーターを着てるんだ!!!しかし、ちょっと顔が分かりにくいのでもう1枚(↓)。かわいい。この左側のツルンとしているのがナオちゃんである。かわいい。とにかくかわいい。上のDJのときも、このときも隣にいるのは現在CHILDISH TONESでトイドラムを叩き、子供みたいな声で歌うテンパの妖精 つづみっこ(ex大学生)です。2人とも超かわいい。さすが私の秘蔵っ子たち。ふふふ。
IMG_1856.JPG

ナオちゃんは上記のイベント『Cavern Stomp!』の主催者で現在22歳のOLさんだ。自分の22歳を思い返すにただの酒呑みで派手でうるさいだけの勘違い女(フリーター)だったことは間違いなく、恥ずかしさで大きな声を出したくなるような立ち振る舞いも多数である…。うーん。現在のナオちゃんの落ち着き方を見ていると少し心配になるくらい大人びています。しかし、そんなナオちゃんの内なる炎(?)を確認したくてちょっとだけ取材という口実でお茶をしてみた。

ナオちゃんがはじめてライブを観に行ったのは小学校6年生のときのポルノグラフィティだそうです。自分の意思で父親同伴で行ったのだそうだ。父親と観に行くアーティストとしては名前がちょっといやらしいけど、そんなことには気がつかないくらいの無邪気さだったのでしょう。お父さんの心中はお察しします。
中学の頃はバスケ部で部活動に明け暮れていたので音楽とはちょっと疎遠に。しかし、高校生になりつづみっこと出会ったことがキッカケでオールスタンディングの100〜200キャパのいわゆるライブハウスに通うようになったのだそうな。そこで、ポルノグラフィティという名前の卑猥さなんて比じゃないくらい刺激的なライブをたくさん観たのでしょう。ナオちゃんの初企画は高校2年生のときだそうで、そのスピード感には素晴らしさしかない。
そして、その初企画には当時つづみっこが普通のサイズのドラムを叩いていたバンドも出演しています。もちろん私も遊びに行きました。

ナオちゃんの今に1番大きな影響を与えているのは the NEATBEATS との出会いではないかという話もしました。それまで現行のバンドのライブを生で観ることにだけ興味を持っていた彼女が古い音楽に興味を持ったりレコードを買い始めたりしたのはニートビーツに出会ったからだと。ニートビーツの味わい方として真っ当すぎてなんの疑問もなかった。ナオちゃんは「まんまと罠にハマりました。うふふ」と例のかわいい顔で笑っていた。
現在つづみっこと2人でそれらのレコードをかけるDJユニットならぬ放送委員Hooraysとしても活動中。もちろんソロのDJとしてもグッドミュージックをブインブイン言わせてオジサンたちのハートを鷲掴みしている。しかし、ナオちゃんはバンドをやりたいと思ったことは1度もないそうです。そして、イベントをやることで何かがしたいわけでも、何者かになりたいわけでもないと言ってました。ただ好きだから…と。目的がロックンロール。カッコイイ。音楽をロックンロールを手段にせず目的にする人を私は無条件で信頼します。

ちょっと私の話をば。失礼しますね。
私のiPhoneにはいつかこの組み合わせでイベントをやりたいメモというのが存在する。そこには去年末まで STOMPIN' RIFFRAFFS、Magic, Drums & Love、THE MINNESOTA VOODOO MENというメモが保存されていた。ですから、今回のナオちゃんの企画はホントは私がやりたかった企画と言ってもいい。でも誰がやってもいい。なぜなら私はそれを観て踊りたいだけだから。そして、ナオちゃんだけにしか実現できない夜であることは、他のラインナップを見ても一目瞭然。
個人的には先日のTHE FADEAWAYSのレコ発に続いて、ハコで働き初めた私が担当する第二夜でもあり、ありとあらゆる最高のダンスミュージックが鳴り続ける夜です。
皆様のご来場を下北沢BASEMENTBARにてお待ちしております。
フライヤー.jpg

ー 最後に ー
私の超マイメン&隣人でもあるスーパーガールがドラムを叩きながら歌ったりしている、常に進化の足を止めないバンド Magic, Drums & Love の参考YouTubeを貼っておきます。このブログを読んでいる人の中にはバンド名は知ってるけどライブを観たことないという不届き者がけっこういるはずだ。マジドラのライブを観ずに冬が終わると思うなよ!←12時間労働+徹夜明けのテンション。
posted by TONG at 08:23| Comment(0) | BASEMENTBAR