2017年03月21日

平成ウエスタンカーニバル

私の働く下北沢BASEMENTBARで奇数月の第3日曜日に開催されている『平成ウエスタンカーニバル』というタイトルのイベントがあります。この歴史あるイベントは、バンド LITTLE ELVIS RYUTA & THE S.R.P. のボーカリストであり、『GREASE UP MAGAZINE』の発行人でもあるリュウタさんが主催しています。
↓ホームページから拝借しました
 (http://little-elvis.net
HP011.jpeg
<リュウタさんのTwitter>
https://twitter.com/ElvisRyuta

先日(2017年3月19日)ステージの上からリュウタさんが「ヘラヘラ笑いながら転がり続けるのがロックンロールだ」というようなことを言ってて、私はとにかくグッときた。ですよね!本当にそのとおりっす!ははぁ〜!とその場にひれ伏したいくらい。そのコミカルな見た目とは裏腹な説得力の妙! いや、むしろコミカルな見た目から放たれる説得力の威力たるや。その言葉を人生丸ごとで体現するリュウタさんはやっぱカッコイイし、マジで目頭が熱くなりました。

して、これはただの自慢なんですけども。リュウタさんオフのときのやさしさもスターなんすわ。んで、初めて会ってから15年近くになりますが、いつまで経ってもうまく話せないんす。なんつーか、私なんぞに何が言えるものか!私の面白みなんぞタカがしれておる!と顔を覆いたくなるのです。なので、お話しするときはとりあえず一生懸命に聞くことに専念しています。して、その話がまためちゃおもろいというスターっぷりよ。



私は20代の頃に書いていたブロクで「ギャグマンガのように生きていきたい」と勢いまかせに書いたことがある。年齢を重ねるたびに大切な人や物、関係が増え、それらが増えれば増えるほど喜びも増えるけど、悲しみや辛いことも自ずと増える。これは私だけがうまくやれないからではないはず。年齢や経験を重ねることで1つ1つの事柄は重みを増すし、現在のジャッジが未来に及ぼす影響についても自然と考えるようになる。カッコよくないかもしれないけど、カッコばっかりつけてもいられない。どう対処したらいいのか分からないヒドイ事態に見舞われることもある。しかし、これは特別なことじゃない。大切なのはここから。そういうことをなるべく余さず持てるだけ持って、いかにヘラヘラしながら前に進むか、転がり続けるかというところに私はとてつもなくロックンロールを感じる。大きな荷物を持っているにも関わらず半笑いで人々を踊らせるなんてチョーカッコイイ以外の何でもない。なんか中盤しみったれたテンションになってしまったけど、そうではなくて!!!

次回の平成ウエスタンカーニバルには個人的にも友達や先輩がとくにたくさん出演します。なんなら旦那も出ます。みんなカッコイイです。騙されたと思って遊びに来てみたらいいと思うのです!ということが言いたかった。ちなみに、毎回BASEMENTBARのスタッフも私だけじゃなく、みんな軽く踊りながら働いててかなり楽しいし、それを私は最高だなと自慢に思っています。

平成ウエスタンカーニバル
2017年5月21日(日)
下北沢BASEMENTBAR

前売 ¥2500/当日 ¥2800
OPEN 18:30/START 19:00
炎BAND炎
LITTLE ELVIS RYUTA & THE S.R.P
JACKIE & THE CEDRIC
イエスタデイ・ワンスモア
CHILDISH TONES
炎DJ炎
WILD OX
posted by TONG at 00:06| Comment(0) | BASEMENTBAR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: